ゴルフルール 〜ハザード〜☆ゴルフの初心者を応援しMAX

ゴルフルール 〜ハザード〜

ゴルフルール 〜ハザード〜

 

ゴルフルールの中でもハザード内で適用されるルールについての説明です。

 

その前に、ハザードとは?

 

バンカーや池や川のことで、障害地のことです。
池や川をウォーターハザードと言います。

 

 

 

バンカーを越えなければならない時バンカーをならしても良い?

プレー線の改善行為になりますのでペナルティー:+2

 

 

バンカーに水溜りがある場合?

 

バンカー内であれば二アレスポイントにドロップする。ペナルティー:0
バンカー外の後方からドロップする場合 ペナルティー:+1

 

 

バンカー内での葉や小石を取り除く?

 

バンカー内の場合はルースインペディメントに触れると
ペナルティー;+2
ただしゴミ等人為的なものであればペナルティー:0

 

 

ハザード内で地面や水にクラブをつける?

 

バンカー内でもウォーターハザードでも砂や水にクラブで触れると
ペナルティー:+2
これは初心者の方は特に多いですね。
ゴルフを始めたばかりの方は知らない方が多いようです。

 

 

球が池(ウォーターハザード)に落ちた?

 

ウォーターハザードは囲まれている杭の色により
次のショットの位置が変わります。

 

その池を黄色い杭で囲んでいる場合
ウォーターハザードで、球が境界を横切った地点とピンを
結んだ直線上の後方、
または、最後に打った元の位置からペナルティー:+1で

 

その池を赤い杭で囲んでいる場合
ラテラルウォーターハザードと言い
境界を横切った地点からピンに近づかない範囲で
2クラブ以内にドロップする
こちらもペナルティー:+1

 

 

ハザード内で球を勘違いして打った?

 

ハザード内での誤球ペナルティー:0

 

 

バンカーで足場を作っている最中に球が動いてしまった?

球が動く原因になってしまった場合
球を元の位置に戻してペナルティー:+1

 

 

ハザード内でのペナルティーのまとめ

ペナルティー:+2
・ストロークの前に砂や水にクラブが触れる
・ストロークの前にルースインペディメント(落ち葉や小石等)に触れる

スポンサードリンク