ゴルフのフックとスライスの応急処置☆ゴルフの初心者を応援しMAX

ゴルフのフックとスライスの応急処置

あなたは、フックが出やすいですか?
それとも、スライスが出やすいですか?

 

私自身は、フックが出やすい傾向です。

 

というのも、以前にレッスンに通ってまして
そこで教えていただいていた先生が
フックを教える方でしたので・・・。

 

フックは、向かい風の抵抗に強くランが出るので飛距離が出やすい打ち方です。

 

逆に
スライスは、向かい風の時にはボールが上がり距離が出にくくなりまが
ボールがランが出にくく止まりやすい打ち方です。

 

状況により、
どちらが良いとも言えませんし
どちらが悪いとも言えません。

 

当然、意識して打ち分けることができると
良いのは間違いありませんが

 

私の今の技術では
思い切りフック・思い切りスライスを打ち分けられても

 

思ったとおりのフック・思ったとおりのスライスには
打ち分けられません。

 

 

距離が出したい時には、フックが打ちたいと思いますし
アプローチなど、グリーン上で止めたい時には、スライスが打ちたいですね。

 

 

少しでも矯正する方法として
ゴルフクラブの握り方について紹介します。

 

右利きの左手のグリップ

フックグリップ

普段握るよりも左手を絞ってクラブを握ります。
そうすることにより
体とクラブが一体となり
スイング中にフェースが開きにくくなります。

 

スライスグリップ

普段握るよりも左手を開いてクラブを握ります。
そうすることにより
スイング中にフェースが開きやすく
スライスが出やすくなります。

 

一度試してみて下さい。

スポンサードリンク