ゴルフクラブの選び方〜ゴルフの初心者を応援しMAX〜

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方で大切な用語を 知っておきましょう。 あなたがゴルフクラブを選ぶ時に 少しでも知っておくと 役に立つ用語を説明します。

フェース角

ゴルフクラブのフェースの目的地点に対する向きのことで 数字がマイナスだと、オープン(スライスフェース)となり 逆に 数字がプラスだと、クローズド(フックフェース)となります。 ゴルフクラブを選ぶときのポイントは スライスが多い人の場合 フェース角がクローズド(フックフェース)のものを選び 逆に フックが多い人の場合 オープン(スライスフェース)のものを選ぶと 少しでも矯正されます。

ロフト角

ゴルフクラブのフェースの傾斜角度のことで 角度の大きいものほど 打球は高く上がり、距離は短くなります。 ドライバーを選ぶとき 低い打球が打ちたいと思えば ゴルフクラブのロフト角の小さいものを 逆に 高い打球が打ちたいと思えば ゴルフクラブのロフト角の大きいものを選ぶと良いでしょう。

ライ角

ゴルフクラブのヘッドとシャフトの取り付け角度のことです。 軽視しがちなゴルフクラブのライ角ですが 意外と重要なポイントとなることがあります。 理由は 打球の方向に影響のある角度だからです。 特にショートアイアンに対しては影響が大きいと言われています。 結構シビアな角度で このライ角は、人の体型によって適正な角度が違うため ゴルフショップなどで ご自分にあった角度を測ってもらってから 選ぶことをお勧めします。

ゴルフクラブのシャフトの硬さ

通常のゴルフクラブ X - S - E - A - L 硬 → 普通 → 柔 上に記した5段階で表示されることが多いのですが ゴルフクラブメーカーによって 同じSでも硬さが違う場合があるので ゴルフスイングスピードや振動数を 計測してもらい適正なものを選ぶと良いと思います。

スポンサードリンク